ネクシィーズグループ 新卒採用2018

社員紹介 / ネクシィーズ

Nexyz. Field [ネクシィーズの現場]

挑戦が成長を約束する。

入社したら新入社員ではなく「プロ1年目」としてどんどん挑戦すること。常に大きな目標に向かいチャレンジすることがネクシィーズのルール。背伸びをさせ、任せることで若い人は必ず伸びます。ステージとチャンスを与え徹底的に期待します。

株式会社ネクシィーズ エネルギー環境事業部 2016年 入社

今、張っているアンテナでキャッチしたことが、会心の提案につながっていく。

初めの頃、営業という仕事に対してとても抵抗感がありました。自分にできるんだろうか。今思えば、営業という仕事に対して勝手な思い込みがあったのだと思います。扱っている商材はLEDを中心に、必ず導入してくれたクライアントのメリットにもなる環境に配慮した商材。導入した後で「電気代が下がった!」、「お店が明るくなった!」、「雰囲気が良くなった!」などのお声を頂くことを重ねていくうちに、私の中で営業=売り込まなければならないという勝手な図式を壊すことができたのだと思います。もちろん、これを壊すまでにはたくさんの壁がありました。まず最初に決めたのは「笑顔と元気を忘れない」ということ。簡単なように思えますが、嫌だと思っていることを目の前にしてこれを実践するのは難易度が高いこと。でもそれを決めて行動していると、自然と目の前の人も笑顔になってくれるんです。すると、いろんなことを聞いてくれるようになります。私の中でだんだんと営業という仕事のハードルを下げることができました。日々、心がけていることは、常にアンテナを張るということ。アポの移動中、ほんのちょっとだけ今度提案するクライアントに関わる調べ物をしたり、街をキョロキョロしてみると、意外とヒントになることがたくさん。これは楽しんでやっていることなので、休みの日、友達と会っているときでも無意識にやっていることもありますね。でもそれが案外、良い提案になったり。まずは自分にできるところから、そこから夢や目標を掲げて、こだわりをもってぶつかっていくと、どんどん道がひらけていくと思っています。

株式会社ネクシィーズ エネルギー環境事業部 2008年 入社

今この瞬間も、自分に無関係なことなんて、何ひとつない。

新人の頃は、随分生意気な奴でした(笑)。努力もしていないのに、自分には何をやっても才能があると勝手に信じていました。完全な井の中の蛙状態。でも上には上がいるもんです。あっさりと抜かされていく自分がいました。なんと浅はかな考えをしていたのだろうと、自分に失望すらしました。それから自分を変えました。上司にわからないことを積極的に自分から聞きに行きましたし、部下にも聞きまくりました。それまでの自分は何かに突っ張っていましたね。努力はできるできないじゃない。やるかやらないか。その分だけ人は成長できると、気づくことができました。ある時、個人で経営されている飲食店様にご提案に行く機会があり、一人の常連さんが来店していました。聞けば、なんとその地域でお店を何店舗も経営されている方。一緒に話を聞いて頂き、即決でご契約してくださいました。「今、この瞬間も、自分に無関係なことなんて何ひとつない。」いつか上司に言われた言葉を思い出しました。仕事をする中で心がけているのは、私たちの価値を全力で伝えた上で、クライアント側に立てる営業でいるということ。営業は売りたいという気持ちだけでは決して売れません。メリット、デメリットも全て伝え、クライアントに間違いのない判断をして頂けるようにするお手伝いなんです。その上で契約して頂き、いいお店や会社づくり、そして売上にまで貢献できたらうれしいですね。「あなたにお願いしてよかった!」っていうセリフは、何度聴いても本当に力になりますから。その分だけ人は成長できる、人ができることは100%自分もやれるはずだと気づくことができました。

エントリー

ページトップへ戻る

Holding Company
  • ネクシィーズグループ
Group Company
  • ネクシィーズ
  • ブランジスタ
  • ハクビ総合学院(ハクビ)
  • DiNA(ディーナ)
  • ネクシィーズ・トレード
  • ブランジスタゲーム