ネクシィーズグループ 新卒採用2018

社員紹介 / ブランジスタ

Brangista Field [ブランジスタの現場]

一人ひとりの個性を伸ばすマネジメント。

リーダーはチームの長として仲間たちを時に厳しく時にほめて、一人ひとりの個性を伸ばしていけるように指導。お客様と会話することの楽しさを伝え、どんな職種でも通用するスキルを磨きます。

株式会社ブランジスタゲーム 2014年 入社

学ぶことから始めれば、どんなことだって、結果は跳ね上がって行く。

入社以来、テレマーケティングや電子雑誌の営業をしてきました。今は3Dクレーンゲーム「神の手」のディレクターをしています。営業からつくり手へ。自分にとっても新しいチャレンジですが、会社もまだできたばかりなので、会社にとっても大事なチャレンジの時期。社長とも近い距離で仕事をさせていただいていて、学びになることばかりです。これまでの営業経験がきっと活かせると思っています。昔、半年以上売上を落としてしまった時期があって、とても自信を失くしていました。そんな中、異動の機会を頂きました。あの時の上司や先輩、仲間たちには本当に感謝しています。異動して、自社の商品、業界、競合について、とにかく調べまくって誰よりも詳しい状態をつくりました。失いかけた自分への自信を取り戻したい一心もありました。すると、少しずつ売上も伸びていきました。電子雑誌「SUPER CEO」の営業担当だった頃はたくさんの経営者の方とお会いする機会がありました。「君みたいな子をうちも採用したい」と、いろんな経営者の方からおっしゃっていただけることもありうれしかったですね。ここでは経営者の考え方、仕事へのスタンスなど人として磨かれたと思います。その頃培った自分の成功体験の起点は、日々学ぶこと。そこから自分への自信が必ずついてきます。だから全くやったことがない仕事でも、僕は慌てませんでした。また学べばいい。そしてこれまでの経験が無駄になることは何一つありません。今、毎日学んだことを日記に書いています。これがきっと近い将来、「神の手」のさらなる人気につながりますからね。

株式会社ブランジスタ 電子雑誌営業部 2000年 入社

チャレンジすれば、失敗する。大丈夫。そのほとんどはたいしたことないから。

私、失敗がないんです。ほとんど思い浮かばない。最近は新卒がどんどん入社しているので、ネクシィーズグループではかなりベテランの領域になりました。いろんな経験も積ませていただきました。だからこそ言えることかもしれません。正確には、やめようかと思うくらい失敗をしているんです。もちろん今でも失敗したなといろんな局面で思うことはあります。でも、考えてみれば、全部とるに足らない小さな失敗だったなって思うことばかり。これまで長く続けてこられたのは、とても魅力的で、尊敬できる上司部下、先輩後輩、そしてグループ代表の近藤がいたからです。今やっている主な仕事は、内定したみなさんへのインターン研修から、入社後の新入社員研修。日々の研修や営業同行をする中で、いろんな話やアドバイスをさせていただいています。ブランジスタのことはもちろん、いろんな部署の考え方やブランジスタ代表の岩本の考え方を知ってもらいたい。だから、研修を通してネクシィーズグループ全体の考えに触れる機会を実践と同じくらい大切にしています。「受注できた」や「自己最高売上を記録しました!」など連絡をもらうと本当に自分のことのようにうれしくて。もはや自分が成長できたかどうかよりも、部下の成長がなによりも自分の力になっています。ブランジスタは市場調査や企画内容、営業ツールまで、ゼロから媒体の立ち上げに関わっていますので、その分思い入れもかなりありますね。失敗なんて振り返ってみれば、全然たいしたことないことばかり。むしろチャレンジしている証拠。落ち込んだら元気をあげるから、思い切って失敗しなさい!

エントリー

ページトップへ戻る

Holding Company
  • ネクシィーズグループ
Group Company
  • ネクシィーズ
  • ブランジスタ
  • ハクビ総合学院(ハクビ)
  • DiNA(ディーナ)
  • ネクシィーズ・トレード
  • ブランジスタゲーム