株式会社ネクシィーズグループ

営業:K. Kenichi

株式会社ネクシィーズ 営業:K. Kenichi
仲間と駆け上がる
成長の階段

株式会社ネクシィーズ
エネルギー環境事業部

現在の業務内容を教えてください

現在は仙台支店の支店長をしています。支店営業部全体を管理しつつ、研修の実施や予算の管理など役割は多岐に渡ります。また、自らもプレイングマネージャーとして営業しています。

入社のきっかけは?

株式会社ネクシィーズ 営業:K. Kenichi就職活動中は、IT系をはじめカーディーラーやアパレルといった、“イメージがカッコいい企業”を集中的に受けていました。そんな時、就活サイトで「キミが28歳で取締役になったら、オレの負け。」というインパクトのある広告を見て、なんとなく足を運んだのがネクシィーズでした。
会社説明会で登場した近藤代表の話を聞き、大きな衝撃を受けたことを今でも鮮明に覚えています。会場にいた社員の方々もみんなイキイキしていて魅力的で、ここで社会を学んだら間違いなく自分もカッコいい大人になれる確信がありました。

昔の自分と比べると、どんな成長・変化がありましたか?

入社1〜2年目までは、個人の営業成績ばかり気にしていました。しかし、ステージが上がるごとに自然と視野が広がり、物事を大きく捉えることが出来るようになりました。今は、任せていただいている仙台支店はもちろん、ネクシィーズグループ全体の業績に貢献できることはないか?と常に意識しています。
自分より遥かに大きなスケールのチャレンジを続ける代表をはじめ経営陣に追いつけるよう、失敗を恐れず可能性を拡げ続けたいと思います。

会社で経験した忘れられないエピソード

入社3年目の昇格人事のことです。当時広島支店で係長として数名の部下を受け持っていましたが、副支店長に突然の大抜擢。前例の無い評価をいただけた事にとても驚きました。そして何より嬉しかったのは、昇格できないメンバーもいる中で、そこにいた全員が自分の事のように喜んでくれたことです。互いに意識していたライバルたちでさえも、この人事を喜んでくれているのです。ライバル関係を超越した、お互いを認めあえる環境は最大の自慢です。

今後のビジョンは?

現在のポストを与えていただいた現経営陣が安心して勇退されるまで、全力で恩返していきたいと思います。同時に、次代の経営をともに担える後輩を輩出し、いずれは代表としてネクシィーズグループを世界の名だたる企業にしていきたいです。

このページの先頭へ戻る

採用情報