株式会社ネクシィーズグループ

事務:S. Sayaka

株式会社ネクシィーズ 事務:S. Sayaka
より大きな+αを。
バックオフィスの使命。

株式会社ネクシィーズ
業務推進本部 商品管理課

現在の業務内容を教えてください

株式会社ネクシィーズ 事務:S. Sayaka私たちの部署ではネクシィーズ営業部の受注したオーダーが、お客様にスムーズに提供されるように整え、動かしていく業務を行っています。
弊社には「新しい価値を広める」という使命があります。故に取り扱う商材は時代に合わせて常に変化していきます。その変化にいち早く対応し、あらゆる商材を責任を持ってお客様へ提供できる仕組みを作る、というのが私たちの仕事です。
商材の変化に対応するためにも重要なのが関連部署との連携です。各部署がどんな業務をどのように行っているかを知り尽くした上で、お互いが最短で仕事を出来るようなフローを作れる体制がネクシィーズの強みだと思っています。

現在の私のメイン業務は、ネクシィーズのメイン商材であるLEDのデータ上での在庫管理です。一日に1000個以上のLEDが納品され動いていくのを管理するのはなかなか大変で、試行錯誤の毎日ですが、経験のない分野でも過去の別分野の経験がちゃんと生きるのが体感できるのはとても自信になります。

このように会社と共に常にレベルアップしていけるのがこの部署の魅力です。

会社の魅力や自慢を教えてください

たくさんあってどれにするか迷いますが、一番はどの部署にいても平等に表彰のチャンスがもらえるということを挙げたいと思います。毎月N1グランプリという成績優秀者を表彰するイベントが開催されますがバックオフィスでも社長賞のチャンスがあります。

他にも初島グランプリや数々のコンクールがあり、私も数年前に初島グランプリ、そして女性社員向けに社長が開催して下さったホワイトデーコンクールに入賞させていただきました。ただまだN1グランプリを経験したことがないので、Nexyz.マンとして一度は社長賞を取りたいと狙っています。

このように私のようなバックオフィスで働いているメンバーでも平等に夢を見られるのはNexyz.ならではの魅力であり自慢です。

昔の自分と比較すると、どんな成長・変化がありましたか?

入社当初は自分自身がどう成長し、うまく仕事を回せるか?ということを考えて仕事をしていましたが、徐々にそれが自分の係、同じフロア、同じ会社とスケールが大きくなり今ではグループ全体を考えて仕事をする、ということがリアルに考えられるようになりました。

一見当たり前のことのように聞こえるかもしれませんが、実際に具体的に他のグループ会社との連携を考えて仕事をできる環境がある会社は少ないと思います。
ネクシィーズでは同じ部署以外のメンバーとも繋がれる風土があり、それも上下の別なく強固です。

今の自分の成長があるのは間違いなくこの社風のおかげで、グループ会社の人が、実際にどんな仕事をどんな気持ちでやっているかを知っているからこそ、より親身にお互いをよくしていこうという協力体制が組めるのです。
今後もこのメンバーとさらなる高みを目指すにはどうしたらよいか、ということを追及していきたいと思います。

このページの先頭へ戻る

採用情報